ドイツ車は昔から日本人あこがれの車だ。中でもBMWは、ドイツでも高級車として人気が高い、車買取でも同じだ。
無料一括査定を利用してみよう

BMWは日本人あこがれの車だ。車買取でもそれは変わらない。

日本の車が仇まだ進歩段階の頃、目指していたのはBMWをはじめとするドイツ車だ。大衆車のフォルクスワーゲンから高級車のベンツまで、ドイツにはお手本となる車は多かった。その中でも足回りに定評のあるBMWは、国内メーカがーその足回りをお手本として多くの車を開発してきた。その基本は、やはりボディ剛性の高さだ。基本となるボディの位置がきっちりと決まっていることで、足回りに動きが決まるからだ。日本車がボディ剛性に注目しだしたのは、平成に入ってからで、バブル景気の影響も有り、これまで以上に開発費が掛けられることで、現在のように素晴らしい車が登場するようになる。その元となったのがBMWの足回りで、平成に入りようやくそれまでの苦労が身をむすんだと言えるだろう。

ドイツでもBMWは別格の人気で、少しスポーツ思考の高いお金持ちはBMWに乗っている。インテリアなども、そんな彼らに合わせた色っぽいモノで、質実剛健を基本に作られているドイツ車の中では珍しい作りだと言える。車買取にBMWを持ち込むと、それなりの価格が付く。中古車になっても、その価格は衰えない。長期間にわたって高値安定が続く。この辺りは国産には無い人気だ。特にこの5年ほどの間に大きくBMWの車は変わっている。これまで以上に一団と良くなっているのだ。特に、足回りが一団と良くなっている。驚くほど踏ん張りがきくようになっている。その良さはその変化は車好きが放っておくハズも無い。僕の周りに車好きも、一気にBMWの所有者が増えている。
Copyright (C)2018無料一括査定を利用してみよう.All rights reserved.